螺旋階段

イベント・展覧会情報

八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで 展

9月16日(土)~ 12月3日(日)
休館日:月曜日
(ただし9/18、10/9は開館)、9/19、10/10

  八木一夫(やぎかずお、1918~1979)と清水九兵衞(きよみずきゅうべい、1922~2006/七代清水六兵衞)は、一人は走泥社の中心的な存在として、もう一人は日展のホープとして、戦後の陶芸界に新たな風を吹かせました。清水九兵衞はのちに鋳金の彫刻家としても活躍しています。本展では、二人の挑戦と実践、共通と相違を再見し、素材や形、デザインについての造形思考を再考します。


展覧会の詳細はこちらから

Current Exhibition (English)

関連イベント情報

ナイトミュージアムコンサート  10月14日(土) 19時開演(予定)

「チェンバロの音は《銀の鈴》」 
演奏 大塚直哉 (チェンバロ)

●定員約60名 /参加費:3,000円(観覧料を含む)
 ※当日観覧券をお持ちの方は2,000円
 お電話、FAXにてお申込み受付中(先着) FAXお申込み用紙はこちら

★本コンサートはアークヒルズ音楽週間の関連イベントです★

イベント名 日 時  
講演会
「青年二人がみた新時代の陶芸」 
諸山正則氏
(東京国立近代美術館特任研究員)
10月21日(土)
15時
聴講
無料
記念トーク 各回15時より
①八代清水六兵衞氏(陶芸家、清水九兵衞ご子息)
②八木明氏(陶芸家、八木一夫ご子息)
各回15時より
11月11日(土)
11月18日(土)
聴講
無料
学芸員よるギャラリートーク
各月土曜日:開催日時は こちら
聴講
無料

上記の無料の関連行事ご参加には当日観覧券が必要となります。

西洋館

西洋館(登録文化財)限定公開

次回:2018年2月17日(土)11:00~  

智美術館に隣接する西洋館は、大正時代に建てられた貴重な建物として国の登録文化財に指定されています。元明治大学講師、建築家の篠田義男先生のご案内で展覧会開催中の毎月1~2回、土曜日に限定公開しております。※2011年秋より、お時間と詳細が変更となりました。

当館からのご案内

学芸員募集のお知らせ

学芸員募集のお知らせ

当館の常勤学芸員を募集します。(応募締め切り:2017年11月14日[火]必着)。
→詳細はこちらをご覧ください


菊池ビエンナーレ

菊池ビエンナーレ

第7回公募の審査結果を公開します

公益財団法人菊池美術財団は、21世紀の陶芸界の新たな展開を探ることを目的に、隔年で全国から作品を公募し、公募展「菊池ビエンナーレ」を開催しています。2017年に開催中の第7回公募の審査を実施し、審査結果を公開いたしました(2017.9.28.更新)。
→詳細はこちらをご覧ください


智美術サロン

2017年 智美術サロン

2017年度
「宝物の眠る場所Part2; 墳 墓」

「智美術サロン」は展覧会の関連行事とは別の通年講座です。その年ごとにテーマを掲げ、一流の講師陣にご講演をお願いする予定です。2017年は「墳墓」をテーマに6月より全5回開催いたします。
詳細、お申込みは→こちら


ヴォワ・ラクテ

フレンチレストラン「ヴォワ・ラクテ」

【営業時間】 11:30~22:00 【定休日】月曜日

ヴォワ・ラクテは美術館1階に併設された、気軽なランチから本格的ディナーまでお楽しみいただけるフレンチレストランです。「智美術館」鑑賞後の感動を胸に、ゆったりとしたひとときをお過ごしください。