色彩のちから展

最新の展覧会

秋山陽展

The Power of Colors 色彩のちから

8月6日(土)~ 12月4日(日)
Contemporary Ceramic Art
From KIKUCHI Collection
August. 6 - December. 4, 2016

 菊池コレクションは、当館創立者の菊池智(1923-)が長年にわたり蒐集した現代陶芸のコレクションです。土と炎から生みだされるやきものへの愛好から始まった蒐集は、その魅力を広めたいという情熱となり、1983年には米国スミソニアン博物館にて日本の現代陶芸を紹介する米国初の展覧会を開催するに至りました。彼女の美意識を反映した菊池コレクションには、日本の現代陶芸を語る上で欠かせない作家の多彩な作品が収蔵されています。

 このたび、久しぶりの菊池コレクション公開となる本展では、陶芸家およそ25人、約60点の作品を、「色彩のちから」をテーマにご紹介します。
 色は、意識・無意識に関わらず人間の心や身体に作用する大きなちからを持っています。芸術表現においても色彩は重要な要素であり、陶芸の分野でも作品がまとう美しい色彩は、大きな魅力のひとつといえるでしょう。陶芸家は経験を積み、技を磨くことで、素材に潜む思がけない色のちからを探り出し、土に豊かな表情を与えてきました。現代の作り手が挑み、生み出した、豊かな色彩の世界をお楽しみください。

English page

展示作品

三代徳田八十吉「燿彩鉢〈黎明〉」1986年
加藤委
石黒宗麿

左:三代徳田八十吉「燿彩鉢〈黎明〉」 1986年/中:加藤委「Freeze Flame」 1993年/右:石黒宗麿「緑釉壺」 1950-52年頃

展覧会概要

会期 2016年8月6日(土)~ 12月4日(日)
休館日 月曜日(ただし9/19、10/10は開館)、9/20(火)、10月11日(火)
開館時間 11:00~18:00  ※入館は17:30までになります
観覧料 一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円
※未就学児は無料
※障害者手帳ご提示の方(介護者の必要な方は1名迄)は無料となります。
※リピート割引:会期中2回目以降ご鑑賞の方は半券のご提示で300円割引いたします。(他の割引と併用はできません。)
ぐるっとパス  ぐるっとパス参加館
主 催 公益財団法人 菊池美術財団、日本経済新聞社
協 賛 京葉ガス株式会社
協 力 徳田八十吉陶房、加島美術

関連イベント情報

講演会 「色材文化を視る・知る―赤と青」  10月29日(土)午後3時

降旗 千賀子 氏(目黒区美術館学芸員)
色の原料となる色材と美術の関わりをテーマとする展覧会、「色の博物誌」を企画担当される降旗千賀子氏を講師にお招きし講演いただきます。
※予約不要・聴講無料(展示観覧料が必要となります)。

出品作家によるアーティスト・トーク   午後3時より

釉彩磁器、青磁、緑釉など、それぞれの色彩に独自の創作テーマを持ち制作を続ける陶芸家をお招きし、アーティストトークを開催します。

① 9月24日(土) 四代 徳田八十吉氏 (彩釉磁器)
② 10月15日(土) 川瀬 忍氏 (青磁)
③ 11月12日(土) 鈴木 徹氏 (緑釉)
 
※予約不要・聴講無料(展示観覧料が必要となります)。

●以下のギャラリートークは、観覧料でご参加いただけます。

親子で巡る展覧会・鑑賞ツアー  各土曜日、午後2時より(申込み不要)
2016年 ◆8月13日 ◆11月19日
学芸員によるギャラリートーク  各土曜日、午後2時より(申込み不要)
2016年 ◆9月3日、17日 ◆10月22日 ◆11月5日

●関連有料イベント (お問合せ・申込み電話03-5733-5131)

イベント 内容
★ 親子の陶芸ワークショップ
「アートな陶芸にチャレンジ!!
わたしの色と形をつくる」

8月20日(土)、21日(日)各14:00~(2日連続)

 定員:大人とこども合わせて 12名
 参加費:こども4,000円/大人4500円(観覧料を含む)
 ※小学生以下のご参加は要保護者
講師:杉浦康益氏(陶芸作家)
★ ナイト・ミュージアム・コンサート
バロックチェロの魅力―音の色を楽しむ
10月15日(土)18:45~(開場18:30 予定)

 定員約60名 /参加費:3,000円(観覧料を含む)
 ※当日観覧券をお持ちの方は2,000円
演奏:懸田 貴嗣(カケタタカシ/バロックチェロ)

その他のイベント情報

●展覧会開催中、西洋館見学会を開催いたします(有料)。詳細はリンク先をご覧ください。

▲このページの先頭へ戻る