展覧会スケジュール

展覧会スケジュール

2018年度は、以下の3つの展覧会を開催いたします。
皆様のご来館をお待ち申し上げます。

 

選の造形、線の空間展

■ 線の造形、線の空間
飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸

2018年4月14日(土)~ 7月16日(月・祝)
LINES AND SHAPES, LINES AND SPACES — THE BAMBOOWORK OF IIZUKA RŌKANSAI AND TANABE CHIKUUNSAI
14 April - 16 July, 2018

 竹のしなやかで強靭な特性を生かして、編み、組み、形造る竹工芸の魅力を伝える展覧会です。
 竹工が職人的な技芸を超えて、個人の表現として追求されるようになるのは大正、昭和期のことです。本展では、その時期に東京を拠点に活躍した飯塚琅玕齋(1890~1958)と、大阪・堺を拠点に活躍した初代田辺竹雲齋(1877~1937)を中心に、琅玕齋の兄・二代飯塚鳳齋(1872~1934)、琅玕齋の息子・飯塚小玕齋(1919~2004)、そして二代竹雲斎(1910~2000)、三代竹雲斎(1941~2014)、四代竹雲斎(1973~)の作品を展示します。

プレスリリースは→こちらをご覧ください。(2018年3月13日更新)

作品:左)飯塚琅玕齋「花籃」1936年頃、右)初代田辺竹雲斎「柳里恭花籃」1925年
(撮影:渞忠之)

会期 2018年4月14日(土)~ 7月16日(月・祝)
休館日 毎週月曜日(ただし祝日は開館、翌火曜日休館)
※6月5日(火)は展示替えのため休館いたします。
開館時間 11:00~18:00  ※入館は17:30までになります
観覧料 一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円
※未就学児は無料
主催 公益財団法人 菊池美術財団、日本経済新聞社
菊池コレクション展

■ 陶と模様のものがたり
菊池コレクション

7月28日(土)~ 11月4日(日)
Stories about Clay, Pattern and Decoration, from the Kikuchi Collection
28 July-4 November

 陶磁器の模様は、ものの形にそって立体的に展開し、その表面を飾るだけではなく、土や釉薬などの素材、焼成が引き出す質感や色彩と相互に影響し合うことで、作品に豊かな表情をもたらします。また、描く、彫る、押す、貼るなど、用いられる装飾技法ごとに特色をみせ、それぞれの技法の生む効果そのものが作品の大きな見どころともなります。
 展覧会では、やきものの模様にスポットを当て、菊池コレクションより模様や装飾技法に特色ある作品を選び、その魅力をご紹介します。

作品:酒井田柿右衛門(十三代)「濁手菜花文鉢」1975年頃(撮影:尾見重治、大塚敏幸)

プレスリリースは→こちらをご覧ください。(2018年6月15日更新)

会期 7月28日(土)~ 11月4日(日)
休館日 毎週月曜日 (ただし祝日は開館、翌火曜日休館)
開館時間 11:00~18:00  ※入館は17:30までになります
観覧料 一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円
※未就学児は無料
主催 公益財団法人 菊池美術財団
   
作陶50周年川瀬忍展

■ 川瀬忍  作陶50年の間(ま)

11月23日(金・祝)~ 2019年3月24日(日)
Kawase Shinobu :Fifty Years of Celadon Maiking
23 November-24 March,2019

 青磁は、呈色剤に鉄分を用いた釉薬を還元焼成により青く発色させたやきものであり、古い歴史を持つ陶磁技法のひとつです。時代や地域により形、色とも多様性をみせますが、質の高い青磁は繊細な青の色、玉にもたとえられる艶や独特な質感を持ち、やきものならではの美をたたえています。
 川瀬忍(1950年~)は、自身の美意識を加味した独自の青磁を追求する、現代を代表する青磁作家のひとりです。このたびはその作陶50周年を記念した展覧会を開催いたします。作家の半世紀にわたる活動を見渡しつつ、「間」をキーワードに、その創作の秘密に迫ります。

プレスリリースは→こちらをご覧ください。(2018年10月19日更新)

会期 11月23日(金・祝)~ 2019年3月24日(日)
休館日 毎週月曜日(ただし祝日は開館、翌火曜日休館)
年末年始
開館時間 11:00~18:00  ※入館は17:30までになります
観覧料 一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円
※未就学児は無料
主催 公益財団法人 菊池美術財団
   

※年間スケジュールの詳細につきましては、変更になる場合がございます。最新の情報は当HPにて更新、掲載されますので、ご確認ください。

過去の展覧会一覧

▲このページの先頭へ戻る